Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Bath Time

 涼しくなってきて、夜家にいてテレビを見たりしていると「あぁ、お風呂に入って浮かばなきゃ」って気分になる。最近はもっぱら温めの泡風呂で、気づくと一時間くらい経ってる感じ、
 もちろん、ただボーっとしてるだけじゃなくて、本とかマンガを読んでることが多くて、昨日も買ったばかりの本に夢中になっていたらかなりの時間になっていて、さすがに今朝起きるの辛かったなぁ、学校1限からだったのに寝たの朝方4時くらいだった(-_-;)
 昨日買った本は、皆川博子さんの「薔薇密室」、まだ全然読みかけで感想なんか書ける段階にはないし、ページ数も500を越えていてちょっとゆっくり読みたい本だから、読み終わるの自体がいつになるかわからないけど、皆川さんの本はもう一冊、「ジャムの真昼」という短編集を持っていて、「ジャムの真昼」は表紙の絵を描いた画家が私の大好きなDi-Maccioだったのがきっかけで知ったんだけど、読んでみたらなんかこう自分の精神の深いところを揺さぶられるものがあって、すっかり気に入ってしまって、
 でも彼女の本は正直難しい、とても美しく紡がれた物語だからこそ、その世界に自分を同化させてしまわないと、簡単に置き去りにされてしまう。短編は全体を通して今にも降り出しそうな曇りの日の街の様な雰囲気が流れていて、その中に登場人物の台詞や、描写された風景の中の花とか、時には血とかが局所的に鮮やかな色を差す感じ、それがとても印象的で、心に残る。
 描かれた人物達も、一人一人がきちんと影を持っていて、だから自分が彼らの世界に入っていけたときにはただの想像上の人物ではなく、もっとリアルな人格がこちら側に染み込んできて、その存在の後を残していく、小さなしこりのようなそれは、時々ふと思い出したように疼いて、まるで過去にした恋の癒しきれなかった傷跡のよう、
 とても、魅力的な作品を書く作家さんだなぁって、素直にそう感じましたね、
 ただ読むのには本当に、結構精神的な準備が必要、でもこの秋って季節に皆川さんの本はとってもあっている気がするから、大好きな泡風呂に浸かってまた、薔薇の庭を覗きに行こうか
[PR]
# by noctiluca13 | 2005-10-13 01:03 | 読書

MOTO

 ついさっきテレビを見ていたら、暴走族OBとか言う人達が、整備不良やナンバープレートを見えないようにしたり、排気系をいじって無駄に大きな音が出るようにしたバイクに乗って、集団で高速道路を蛇行したり無理な追越をかけたりと、好き勝手に走る姿が放送されていて、そんなくだらない一部の人達の迷惑行為で日本でのバイクに対するイメージが悪くなると思うと、とても悲しくなりました。
 私はバイクのレースが大好きで、今年はMotoGP日本戦を見にツインリンク茂木にも行きました。
 実を言うと、私の想い人はWGPを回っているバイクのレーサーです。彼に関するこれ以上の(クラス・チーム名等)具体的な情報を書くことは出来ませんが、私は彼や、他のWGPを回るライダー達がどれほど真剣に自らの命を懸けてタイトル争いをしているのかをよく知っています。ライダーだけじゃありません。彼らを支えているチームのスタッフも、シーズン中はものすごいハードな仕事を、朝早くから夜遅くまでこなしているんです。
 今年の茂木では125ccクラスでレッドフラッグの転倒があって、関係した二人のライダーには幸い大きな怪我がなかったものの、彼らのマシンはコース上で大破していました。類まれな才能を持った選ばれたライダーでさえ、いつ命を落としてもおかしくないような世界なんです。骨折なんてよくあること、何針も縫うような怪我でも次の週末には彼らは痛みを押してレースに参加します。普通の人には決して踏み込むことの出来ない聖域がそこにはあります。一般道で暴走行為をしているような人達ではスタート直後に転倒して一周回ることも出来ないでしょう。それ以前にスタートすら満足に出来ないかもしれません。
 でも、レースのことを知らない人達にとってはきっと、一部の自己中心的な迷惑行為をしているだけの暴走集団と、命がけでサーキットに立つライダーの違いなんて理解してもらえないんだろうとも思うんです。もちろん、バイクに乗って公道を走っている方達のほとんどは暴走行為なんてしません。バイクが好きで乗っているだけの一般の人達だってきっと誤解を受けたりしているはず。それってすごく悲しい。
 そして同時に社会のルールを守ることの出来ない、バイクに乗る資格もないような人達のその身勝手な行為には本当に腹が立ちます。
 そんなに爆音響かせてスピード出したいならサーキットに行ってコース回って来い!!自分等の勝手な行動で全体のイメージを下げるな!!!バイクが好きだっていうなら社会のルールくらい守れ、成人したいい年した大人のやることじゃないだろ!!!!!

 ごめんなさい、今日はちょっと沸騰してしまいました。
[PR]
# by noctiluca13 | 2005-10-11 00:48 | MotoGP

DISTANCE

 もうすっかり街は秋色、
 風はだんだんと冷たくなって私の大好きな季節を知らせてる。

 好きな人との距離、色んな距離があるけど・・・

 物理的な距離、
 あたしと彼との間にはいくつもの国境がある。
 広い海もある。
 でもそんな物理的な距離はこの時代に対したことないって、
 あたしはそう思ってる。
 少なくともそう信じてる。

 言葉の距離、
 あたしと彼の会話は英語。
 でもあたしの母国語は日本語で、
 彼の母国語はイタリア語。
 あたしはまだイタリア語が話せないし、
 もちろん彼も日本語なんか話せない。
 お互いの英語だって完璧とは言えない。
 だけど二人、
 愛しさを伝えるための言葉は知っていたから、
 それだけで十分だと思ってた。

 心の距離、
 最初に好きだといてくれた彼の、
 その優しい声とまっすぐ見つめてた瞳に、
 どきどきしてた心臓に、
 嘘はなかったって信じてる。
 そう必死に祈ってる。
 でも少し諦めているのかもしれない。
 だって本当はあなたは最初から、
 きっとあたしには遠すぎた。
 ダメなのはあたし自身。
 今のあたしじゃ吊り合わないって、
 痛いほど知っているからだから・・・、

 ドラマや映画みたいな恋がしたいって、
 きっと女の子は一度くらい願ったことがある。
 でも、現実は物語なんかじゃ変われないくらいの、
 非現実さえ含んで目の前にある。
 だからこそ一夜の夢になんかしたくないんだよ。
 そうやってきっと不恰好でもがんばるんだ。
 
[PR]
# by noctiluca13 | 2005-10-09 13:59 | 恋愛

雨音

 昨日の夕方くらいから降り出した雨が、少し雨脚を強めて今も降り続いてますね。
 細く開けた窓から入り込んでくる雨音と、濡れた冷たい空気が心地よくて、
 ここしばらく安らぐことの出来ない私に眠気を運んでくれているようです。

 このブログの「緋色の月夜から」というタイトル、
 これ、私が恋に落ちた晩の月ことなんです。

 その日は調度満月で、
 昇りかけの赤く潤んだ大きな月を、
 彼と二人、
 チェックアウトしたホテルから仲間のいる場所に戻る車の中で見て、
 幸せが満ちて欠けていく、
 そんなことを思った瞬間、
 ため息が出るほど美しかった、
 あの壮絶な光景は鮮やかに焼きついて離れません。

 私の月は、
 もう一度満ちてくれるのかな...?

 Please say you love me still and let me be next to you

 たまには、
 私のつたない愛の言葉が君に届いてくれたらいいのにな、
 触れられないその熱が恋しいよ、

 もうすぐ午前3時、
 寝て起きて学校に行かなくちゃ、

 So good-night, and sweet dreams


   
[PR]
# by noctiluca13 | 2005-10-08 03:00 | 恋愛

Noctiluca-夜光虫

 今までずっと、blogは書いてみようかを迷っていて、
 最近自分の中で、何か境界線を越えるような深く激しさを持った恋をして、
 色々と、思うことが多いので、それをきっかけにしてみようかと、

 初めの投稿は何がいいかなって少し迷ったけど、
 私の大好きな夜光虫のことを少し、

 今は大学に通うために離れてしまっているけど、
 私の生まれ育ったところは海が近くて、
 海岸までは徒歩で10分あれば着いてしまうような、
 一年中風に潮の気配を感じる場所で、
 小さな頃はよく母に連れられて、
 暖かい季節も寒い季節も、砂浜で遊んだ記憶があります。
 いつも、海はすぐそこにあって、離れるまではこんなに恋しくなるとは思いませんでした。

 当たり前すぎたことって、大切にするの本当に難しくて、
 目を凝らしていないと気づくことすら出来ないような些細な美しさを、
 捕まえてせめて記憶として留めておきたいと、
 そんな風に、思いながら生きていたいなぁって、
 小学生のとき、夏の夜の海を母と散歩したときに、
 波打ち際で、小さな光が無数に海水の中にあるのを見つけて、
 心奪われた瞬間から、そんなことを朧気に考えるようになりました。

 瞬く光の正体は夜光虫といわれる小さな生物で、
 波が打ち寄せ海水が流動するその刺激に反応してか、
 キラキラと儚い蛍光色の光を放って、
 暗い海をその光は星空に変えたように、
 幻想的って言葉そのものの光景がそこにはありました。

 けれどそんなにも儚い光だから、
 地元の友達もその存在を知らなくて、
 今年の夏に一人女友達を連れて行って見せたときの、
 小学生だった私と同じように素直な感動の言葉と、
 驚きと興奮の混じった彼女の目や表情が、
 本当に嬉しくて、
 見逃してしまいがちな日常の、
 自分のすぐ傍にある美しさの本質のその欠片を、
 私達は生きている間にいくつ見つけ、
 愛しんで守っていけるのだろうって、
 なんだか少しため息が出てしまいました。

 って、なんとなく最初からしんみりな感じの文章になってしまったけど、
 まぁ今日は私の住んでいるところは天気がいまいちなので、
 このくらいのテンションがちょうどいいかなぁと、
 最近私生活が結構暇なので、結構まめに投稿していこうと思ってます。
 
 読んでくれた方、ありがとうございました。
 また気が向いたら覗いていってくださいね(^^)
 
 
[PR]
# by noctiluca13 | 2005-10-05 12:28