Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー

<   2008年 07月 ( 75 )   > この月の画像一覧

夏休みですねぇ

 前半戦ついに終わってしまいましたね。
 いやぁVale優勝で閉めてくれて超嬉しかった053.gif

 でもこれから3週間はレースが見れないと思うと実に寂しいものですね↓
 まぁ、冬よりは全然短い休みだからいいんだけど、
 ライダー達にはゆっくりと体と心を休めてもらって、
 またブルノで素晴しいレース&タイトル争いを頑張ってほしいです001.gif
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-22 13:57 | MotoGP

大掃除at実家

 もうすぐ外壁の塗装のために足場を外に組むとかで、
 ベランダや家の周りの大掃除をこの2日間家族総出でやってました。
 猫が1匹逃げちゃって帰ってこなかったり、
 10年振りくらいに見る猫小屋のないベランダが、
 私の一人暮らしのアパートといい勝負の広さでビックリしたり、
 とにかく大量のゴミが出てひどくて、
 今日は朝から咳がでてしんどかったり、

 そういえば、
 小中学生の皆さんもうすぐ夏休みですね。
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-20 22:43 | 日常
 相変わらず作品はエログロすぎて趣味じゃないんだけど、
 人間的に興味深いなぁと思う。
 生き難さを自覚しているあたりには、
 仲間意識みたいなことすら感じてしまう。
 夢から作品を引き出してきたりしているようだけど、
 あんな夢ばかり見るってのは、
 疲れそうだな。
 ある種病的に固執している作品に表れる彼の世界観とか、
 絶望感みたいなものとか鑑みると、
 よく現実世界と折り合いをつけて生きていられるよなぁと思う。
 最愛の恋人が突然拳銃自殺しちゃったりとか、
 芸術活動への執着が彼の中になかったら、
 乗り切れなかっただろうな。

 天才、なんだろうか?
 私には彼を形容する言葉がよく分からないけど、
 でも人より多く孤独を知っているのだろうね。

 そう言えば画集の中に、
 「され竜」のとあるキャラの原型らしき作品を発見したっけ、
 正確には日本人映画監督からの以来でデザインしたキャラみたいだけど、
 浅井さんはその映画か、
 ギーガー直か、
 どちらかから影響受けてる気がする。
 まぁ、勝手な推測だけど。
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-17 00:11 | art

喧嘩続き。

 家の中で毎日言い争いをしています。

 そう言えば、
 私の実家での日常ってこういうものでした。
 自分が大学入学して一人暮らしを始めてすぐ、
 母親に「離れて暮らしていた方が仲良くいられる。」
 と言ったのを思い出した。

 ここには、
 一つの家を共有する、
 私と血の繋がった親がいて、
 その両親がいて、
 だけど、
 家族がない。

 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-16 23:02 | 日常
 世界で1番使えない国とも言われちゃうようですけど、
 そらぁ仕方ないよなぁと思うことばかりする不思議の国。

 アメリカの子供が関る商品やメディアへの規制を、
 やたらめったら厳しくしていったのは、
 元ヒッピーさん世代でしょうか?
 いつでも「世界標準」を作りたがりなあの国では、
 18歳以下の子供は扱いが親の所有物。
 叱り方ですごく特徴的だと思ったのは、
 子供が親の言う事に納得いかないと反抗すると、
 決してそれを許さずしかも理由を説明しない。
 その時に飛び出す必殺技が、
 "Because I said so!!"
 おいおい・・・、
 自立心=反抗心の進化系
 ではないと思うんですけどね、
 リアル・アメリカを体験した事ない日本人の目には、
 ハリウッド版アメリカの「自由で早熟なアメリカン・キッズ」がおなじみだけど、
 そんなこたぁない。
 多分日本人に一番自由そうに見えているだろう、
 アメリカの高校生活は、
 一番親の締め付けが厳しくなる時で、
 映画に描かれているのは親の目を盗んでのあれこれって感じ。
 もちろん家庭差や地域差が大きいけど、
 覗くと不可解な事だらけですよ。
 
 NANAが18禁になって、
 村上隆やギーガーは「アート」って冠で、
 「アメリカ的に有り」を勝ち取ってる。
 漫画やアニメを日本の「文化」としてもてはやすなら、
 「文化」の冠で何故OKにならないのか、
 そもそも聖書がOUTじゃない理由が謎。
 童話以上に残酷だと思う。
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-15 01:59 | 景色

向かいの部屋の恐怖

 昨日の夜中、ちょっと怖いものを見てしまいました。
 なんか、
 もしかしたらうちのおじいちゃん、
 ボケ始めてるのかも・・・
 年を考えたら全然不思議な事じゃないし、
 労わらなくちゃって思うのが筋なんだろうけど、
 正直、
 危ない感じがして、
 夜中に見た様子がちょっと、
 ゾッとするもので、
 ボケるというより、
 なんか、
 ゆっくりと正気を失ってるような、
 不意にタガが外れたら、
 なんか・・・、

 今日、朝から部屋の壁紙の張替えがあって、
 それが終わったら部屋のドアに内鍵を付けようと思います。
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-15 01:15 | 日常

人間臭い生き方

 は、現代社会にさようならしないとしずらそう。
 なんて事はかなり前に気付いちゃってたけど、
 我慢の臨界点を超えたから今ちょっと自由で不自由。

 親は就職しろって言う。
 資格を取れとも言う。

 いやぁ、でもそんな事言われたって興味ないんだもん。
 一度でいいから「会社が楽しくて楽しくて仕方ない」って、
 心から話して聞かせてみてよ。
 そしたら興味もわくかもしれないよ。

 何のために生きるか?
 それにおざなりじゃない答えをくれるのなら考えるよ。

 価値を感じないもののために生きてなんになるのさ。
 最終的には死ぬ以外ないのに、
 したい事させてよ。
 いい生活って何さ?
 どっかの海辺の田舎で自給自足生活できたら、
 最高に理想的だよ。
 「現代社会」なんか別に要らない。

 失えないと思うのだとしたら、
 それは生まれた時から囲まれていた環境で、
 慣れきっているからだ。
 恩恵を受けている事を否定はしない。
 だけど、
 別に「ください」って頼んで得たわけじゃなく、
 選ぶより先に与えられていたんだから、
 ちょっとさ、
 考えて選ばせてくれてもいいじゃん。

 ネットがあって、
 ケータイがあって
 飛行機があって、
 良かった事たくさんあるよ。
 でもね、
 それだって知らなかったら知らないで、
 暮らしていけたんだきっと。

 まぁ、MotoGPが見れることには本当に感謝だけどねwww
 まださ、約束が残ってるからここに留まるけど、
 もうすぐそれも終わるんだ。

 そしたらさ、
 もう「あなたの為の子供」じゃなくなってもいいかな?
 
 
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-14 01:09 |
 いやぁ、いいっすねぇ笑顔053.gif

 雨のレースは本当に怖くて嫌いだけど、
 これならたまには雨もいいかも?
 お馬さん速かったからあれだけど、
 タイトル争いはValeリードだもん。
 順調じゃないですか(^^)

 早いものですね、
 もう10戦も終わったなんて、
 そして大混戦。

 私欲を除けばこれほど面白い展開もない。
 なんか土曜日の時点でイタリアやスペインメディアが、
 Valeの金・土のコンディションや、
 アッセンでの転倒引き合いにだして、
 このままダニに逃げられちゃうか、
 お馬さんにあっさり抜かれてっちゃう的な(だと思う。詳しくはわかんない)、
 ネガティブな記事を書きたててたらしいけど、
 もうそうやって憶測で煽るのいい加減止めて欲しいよ。
 去年さんざんValeいじめて楽しんだでしょうに。
 トラックのフェンスより外側は、
 MotoGPもF1も噂や憶測ばかりの世界だけど、
 結果が全部だよね。
 はっきりとコース上で示されていくんだから、

 さて次はラグナ、
 前半戦最後のレースです。
 頑張ってねVale!
 前半優勝で閉めようぜ017.gif
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-14 00:39 | Valentino Rossi
 大喧嘩した教授の本棚から借りました。
 もちろんちゃんと断って。

 でも原本結局注文しちゃいました。
 借りた日本語訳の本もちゃんと読みます。
 そのあと原本を読もうと思います。
 多分少し印象が変わると思うし、
 内容的には大好きだから、
 手元においておきたい本です。
 でも、
 日本って国で育ち、
 親から宗教を刷り込まれる事がなかった私は、
 この本を読まずとも無神論者だから、
 この本が本来対象としている読者ではないんだろうな。

 ただ、
 この本の中に英語の課題の「cosmos」の著者、
 カール・せーガンの名前も出てくるのが、
 なんだかとっても嬉しい。
 という事で、
 cosmosも、今先生から借りている抜粋版ではなく、
 原版を古書店に注文してしまいました。

 この2人のような師に出会っていたら、
 科学をもう少し好きになれたかもしれない。
 なんて事を思う。
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-13 03:27 | 読書

エミリー展

 行きたくてすごく迷ってます。

 場所が六本木って言うのがネックなんだよなぁ・・・↓
 どうしても一人で行きたいんです。
 一人で絵の前に立って感じたい。
 朝から行って、
 疲れてしまうまで見つめていたい。
 でも相変わらず電車が怖い。
 だから薬を飲まずに乗れない。
 だけど、
 それじゃダメなんだ。
 感覚を鈍らせてしまう薬だから、
 電車で吐き気と戦う覚悟を決めたい。

 六本木は、遠いなぁ・・・
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-13 03:17 | art