Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:art( 33 )

 夜中にドアと格闘していたら腰が007.gif
 いくらジェッソを塗ってあっても、
 ドア自体の飾りの凹凸は消えないし、
 かんなかけて削り取るわけにもいかないので、
 パレットナイフが使いづらくて、
 おまけに壁が邪魔で腰をねじった状態でマチエールを作っていたので、
 もぉ~思い通りにならないわ腰や首は痛いわ、
 
 もうちょっと考えて絵を配置すればよかった・・・

 でも色々と気づけた事があって、
 反省点を含めつつ、
 今日もマチエールの研究をドア相手に頑張るのです。
[PR]
by noctiluca13 | 2008-06-22 13:14 | art
 日本でこのブランド(主にハンドバッグ)が手に入るかどうか、
 私はその辺りの事については全然知らないんですが、
 ブランド名=デザイナー名です。
 ご本人とても美しい男の人で、
 ニューヨーク拠点にパーティーのプロデュースなんかもやってたはず、
 バッグは価格が$1,000前後で他の有名ブランドと比較すると手軽。
 顧客の対象は30代以上かなぁ見た感じ、
 でも物によります。
 20代の子が持ってもエレガントな装いならばOK。
 カジュアルな服装にはちょっともったいない気がする。

 んで、なんでカテゴリーをart に入れたかと言うと、
 このLui氏は過去にモデルやメイクアップアーティストとしても活動していて、
 デザイナーと言うよりは幅広く芸術活動しているので、
 あとは美を追求する姿勢がね、

 元々、私がLui氏のことを知ったのはアメリカにいた時です。
 ある日女友達と暇つぶしにポ○ノショップめぐりをしてwww
 何件目かでたま②見つけた雑誌の表紙を飾っていたのが彼+2人の女で、
 もぉ一目惚れでしたね!!
 さすがにカバーかけてあって中が見れなかったので、
 購入して2人で車の中で広げて興奮したのを覚えてますw(変な意味じゃなく)
 とにかく怪いくらい美しいんです彼!!
 雑誌自体は記事を読むとポ○ノとは主旨が違うもので、
 写真もまっぱとかはないんです。
 どの写真も服とかで隠されてます。
 ただちょっと過激っちゃ過激なので普通の本屋には置かないんでしょう。
 アメリカってその辺妙にうっさいから、

 雑誌の中で、彼が演じているのはバイっぽいんですけど、
 実生活も多分そうなんじゃないでしょうか、
 もしくはゲイかな、
 はっきりとは分からないですけどね、
 とにかく言えるのは、
 なんにせよ綺麗な人だということと、
 本人が自分の美貌を熟知して磨き上げているということ、
 彼の作るバッグやアクセサリーもそうですけど、
 作品より何より、
 写真で見ても漂う雰囲気がとてもエレガントなんです。
 憧れますとても、
 それが男の人だと思うと悔しくもあります。

 日本のオネェ系でぱっと思いつくのはIKKOさんですけど、
 趣味じゃないんですよね・・・(すいません。)
 生き方とか、カッコいいなぁって思うところは沢山あるんですけど、
 メイクのテクとか学びたい事も沢山あるし、
 ただIKKOさんの服装がどうしても好きになれなくて、
 ご本人なりの美学なのは分かるんですけど、
 高級ブランドかどうかに捕らわれすぎてる気がして、
 もっとこぉ、似合うものを着た方が・・・ってテレビ見てると思うので、

 Lui氏の徹底してるところはやっぱりメイクも服もバッグもアクセも、
 自分で作ることでしょう。
 美容を本当に極めることに全力注いでる気がして、

 叶うならいつかなんとかして直接会ってみたいです。
 
 
  
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-06-20 01:17 | art

ボスの祭壇

 私は宗教画には興味ないんですけど、
 特にルネサンス以前のものは表情がないうえに、
 そもそもの主題が聖書の中の一場面だから、
 なんか、誰が書いたってある程度技術あれば一緒。
 宗教自体に興味のない私は何のありがたみも感じないし、

 まぁ、それは置いといて。

 ボスの祭壇画は好きなんです。
 扉を開いた状態の3面のうちの右側の絵、
 えぇ地獄の絵が!!
 左はどうでもいい。
 真ん中(快楽の園)も好きですけど、
 やっぱり右の地獄でしょう。

 一番力入ってると思うんですよね!!!!
 祭壇画といいつつ、
 私は勝手にボスはあの地獄が描きたかったんだろうと、
 思い込んでます。
 実物を間近で観賞した事はないので、
 ネットやテレビで見た偽物の色彩でしか分からないですけど、
 それでもテーマの差とか関係なしに、
 地獄の中に描かれているモノ達は鮮やかで、
 平坦じゃないんですよ。
 込められた意味は戒めとかかもしれないけど、
 あの地獄がなかったら凡庸な作品なんじゃないかな、
[PR]
by noctiluca13 | 2008-06-18 23:54 | art

書くまいと思ってたけど

 さっきAIのフィナーレの結果について書いたときに、
 納得いかないつながりで村上隆のフィギュアの事書いたから、

 サザビーズで16億であのフィギュアが落とされたって、
 直後のニュースで知ってから色々思うところはあったけど、
 端的にいえるのは落札した人の気が知れないってことと、
 村上隆の製作物が「現代アート」って枠に入れられている事実は、
 本当に最低だと思います。
 あの出来も趣味も最悪なフィギュアを「美術作品」と呼ばないで欲しい。
 お金持ちにまともな批評が出来る人間はいないんでしょうか?
 つーかアレを一体家のどこに置くんだよ、
 本当に真性の変態ですか?

 私自身、腐女子なので、
 やおい漫画とか普通に好きですし、
 コスプレとか、やりはしないけど楽しそうでいいと思うし、
 オタク文化は否定しません。
 漫画もアニメもフィギュアもガンプラも大いに結構。
 質の高いものをどんどん作っていってほしいです。
 ・・・んが、
 村上隆は全否定。
 アレを評価してる人たちは頭がどっかショートしてるんだと思う。
 本家の日本でたいした評価を受けられない、
 オタク文化のまがい物を輸出して、
 何も分からない海外の人達にさもそれが真髄みたいに見せるのは、
 やってることがセコくて最低だと思う。
 日本で「はぁっ?!」って顔されるの当たり前でしょう。
 正直あの出来の悪い16億の物体を作者の解説付き動画で見て吐くかと思ったよ。

 確かに村上隆はマネージメントの才能があるとは思います。
 物を高く売り付ける才能はぴか一ですね。
 日本のアニメクリエイターや制作会社にはその点は大いに学んで欲しい。
 クオリティーの高い日本のアニメはもっとちゃんと商品価値を得るべきです。
 それこそ村上隆のように海外に高値で売りつけるべき。
 だけどそれはあくまでビジネスであって、
 美術とは区別して欲しいです。

 本来の美術品の価値や、こめられた歴代の美術家達の魂を、
 あの俗物的な物体で汚さないで欲しい。
 本人が自分の作品をピカソとかと同列視してるのも頭が相当おかしいと思う。
 私はピカソ別に興味ないけど作品には素直に「すごい」と思うものもある。 
 でも村上隆の作ったものは金もらったって家に置きたくない。
 日本の品位を落とさないでくれ!!

 同時に、買う側ももう少し考えろ!!
 あんな自慰行為をするプラスチック(?)に16億も払ってないで、
 そんなに金が余ってるんだったらもっと才能あるクリエイターの育成に資金援助するとか、
 いっそ恵まれない子供のために学校作るとか、
 もっと有意義な使い方をしたらどうなんですか、

 本当に、
 世の中クソですね。
 もうちょっと皆さんまともな精神や思考を養ったらどうでしょう?
 
 

 
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-06-15 01:19 | art
 今日は、どうしても筆とキャンバス・ペーパーを買いたくて、
 久し振りに電車にのって一人でお出かけして来ました。

 画材をあれこれ見ていると欲しいものが次々出てきてしまうもので、
 今日は久し振りの遠出(本当はそんなことない距離)をしたから、
 奮発して、ペインティング・ナイフのいいやつを買ってみたんです。

 まさかこんなに切れ味がいいとは思わなかったよ・・・

 えぇ、画材で手を切ってしまいました。
 パッケージ開けて早々に。
 ほんのちょっとですけどね。
 でも高い(職人の手作り)だけあって、
 しなりが良くて、
 モデリングペーストもかなり綺麗に整形できます。
 使い慣れたら色んなことできそうな予感にわくわくします(^^)
[PR]
by noctiluca13 | 2008-05-22 02:56 | art

下絵に苦労してます。

 1枚は自分の誕生日に完成させたい絵、
 もう1枚は9月までに完成させたい絵、

 この2つの絵の下絵に苦労しています。
 前者は大きさ、180×120くらいになる予定で、
 描くの自体もかなり大変だろうけど、
 でもどうしても描かないわけにはいかない絵なんです。
 自分のために。
 構図は頭の中では90%くらい固まってます。
 頭の中でだけだったら完成品が想像できるくらいに、
 色や細部の凹凸まで仕上がってるんですけど、
 実際まだ起こしてません。

 後者は、
 イメージだけはもう決定していて、
 大まかな構図も完成しているんですけど、
 表情や動きと配色に悩まされていて、
 こっちのサイズは最大でもF6って決めているんで、
 実際描く時にはとても繊細な作業を要求されるでしょう。
 なのに、この間この絵の何枚目かの下書きをしていたら、
 下絵の大きさが畳み1枚分くらいになっちゃって、
 ・・・アホですよね↓↓

 私は、
 はっきり言って遠近法が使えないんです。
 それは決して絵に遠近感をつけることが出来ないというわけではありません。
 ただ技巧として、遠近法を使えないだけです。
 練習しても無理なんです。
 どうやら元々立体物を頭の中で想像するのが苦手なようで、
 ベクトルの時にさんざん苦労したんですけど、

 実物を目の前にして描くのはとても楽です。
 見えてる通りに描くのは得意なので、
 でもイメージだけで何かを書く時、
 遠近感を「考えてつける」ことが出来ないので、
 頭の中で、
 描きたいもののイメージをそれが目の前に実在してるくらいの精度になるまで、
 強固なものにしないとへんな絵が出来上がってしまう↓
 下絵を書く時、
 私は画面に指示線を入れないので、
 トレースする前は一回り以上サイズの小さな紙に下絵を描くようにしてます。
 じゃないと結果的にはみ出ちゃうんで^_^;
 
 
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-05-20 19:36 | art

運命だぁ\(^o^)/

 今日、ディマシオの画集を受け取りました。
 古本屋さんで見つけたのに、
 箱を開けてみたら傷一つない新品でした。
 発行が1988年と20年も前の本なので、
 謝辞などが書かれている白いページは、
 さすがに空気に触れる上下端と右端に少し黄ばみが見られましたが、
 本自体の保存状態は非常によく、
 四隅もつぶれておらず、
 どこのページにも傷や指紋一つ見当たりませんでした。
 この奇跡のような出会いに、
 運命を感じずにはいられません。
 1ページ開くごとに指先がかすかに震えました。
 それと同時に涙が出ました。

 「感極まる」
 この感覚を肌で感じるのは人生で2度目です。

 しかし、
 実はこの画集、
 私が探していたものとは別物だったんです。
 私が探していたのは実際に見に行った1992年の展覧会の時の画集で、
 収録されている作品がやはり違いました。
 とても幸運な事に、
 その古本屋さんは92年の方の画集も所蔵しているようなので、
 早速再注文しました。
 そちらが届くのがとても楽しみです。
 
 
  
[PR]
by noctiluca13 | 2008-05-18 23:24 | art

ついに手に入れた!!!

 もぉずぅっと探し続けていたディマシオの画集を、
 やっと手に入れることが出来ました。

 ってもまだ届いてないんですが、
 明日の夕方届きます。
 運命感じちゃう053.gif
 ドキ②が止まりません。

 夢に見た金色の糸に向かって、
 その先に向かってあたしは今手を伸ばしてる。
 多分肩の関節外れるくらい必死にwww
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-05-17 21:41 | art

わぁい完成したぞぉ!!

 っと思ったら7時半でした^_^;

 昨日の夜9時くらいから描き始めたんで、
 10時間以上経ってたんですねぇ気づいた時にはwww

 本人的にはできばえに大満足してます053.gif
 アクリルで初めて描いた人物画です。
 盛り上げ剤を使ってみたり、
 新しい描き方のコツを得たり、
 肌の色が気に食わなくて塗り直しを繰り返したり、
 私の描き方のせいで、
 お気に入りだった4号の平筆が一本平じゃなくなってしまったり、
 一旦は女の子をサイボーグ化させてしまったりと、
 まぁ手のかかる絵でしたが、
 だからこそ半端ない愛着を感じています。
 
 元々友達へのプレゼントなので手元には残らないけど、
 デジカメで写真を撮ってプリントしようと思います。
[PR]
by noctiluca13 | 2008-05-17 08:27 | art

1枚だけですが。

 これ、先月の終わりに初めてアクリル絵の具で描いた絵です。
 実家の庭に咲いていた花が可愛かったので001.gif

 
e0091025_164320.jpg



 ジェッソやモデリング剤は使っていません。
 ただ花粉の雰囲気を出すためにパールメディウムを少し使いました。
 本当にアクリルを始めて使ったのでつたないのですが、
 私にとっては大きな一歩になった絵です。
[PR]
by noctiluca13 | 2008-05-15 16:11 | art