Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー

2008年 07月 10日 ( 5 )

色褪せたムーミン

 小学生の頃、教室の本棚にあったムーミンの本。

 大好きで何度も読んだ。
 アニメも好きだった。
 今もムーミンが、あの世界が好きなのには変わりはない。

 だけど、
 何か少し違う。
 小学生の頃ほど自由にあの世界の住人にはなれなくなった。
 境界線を感じず、
 半透明の膜に遮られずに物語の中へ入っていくには、
 少し、
 あたしの何かが色褪せたのかもしれない。

 児童文学でも童話でも呼び方は何でもいい。
 だけど、
 それが子供の読む本だろうと、
 作者はいつも大人なんだ。
 子供達が読むその物語は、
 大人が見せたいと願う夢なんだ。
 そちら側に近くなるにつれ、
 込められた現実世界への皮肉に気付いてしまう。
 それはとても悲しい。
 大人も子供もない世界の隙間はどうしたら作れるのだろう?

 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-10 20:20 | 読書

灰谷健次郎氏のガリバー

 中学生の時、
 毎朝ホーム・ルームの一貫かなんかで、
 何種類かの本を読まされた。
 あれは、1年の時だったかな?

 その中に1冊、
 読み返したい本がある。

 灰谷健次郎氏のガリバーの本。
 今タイトルが曖昧なんだけど、
 しかも当時読みかけのままで結末を知らないのだけど、
 だからなのか、
 あの頃本を読みながら想像した、
 物語の風景が今も頭の中にある。
 だけどあの頃は、
 あの本を読むのはなんだか苦痛だったんだ。
 とても面白い物語だったのに、
 でも重たくて、

 独りぼっちで船出したガリバーは、
 海と格闘したあとどうなったんだろう?

 時間が出来たら、
 あの本を買って物語の続きを見よう。
 今なら、最後まで読めるから、
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-10 19:58 | 読書

雨が降るかな?

 なんだか頭が痛くなってきた。
 雨が近づいてきているのかな?

 そういやさっき空には雲が多かった。
 今日は、
 なんだかあたしも曇りだ。

 カナブンはどこに行ったんだろう?
 ちゃんと草木に辿り着いただろうか? 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-10 19:48 | 日常

カナブン

 今日はなんだかベランダの辺りをでかいカナブンが彷徨ってる。
 羽音がうるさい。
 そしてちょっと心配。
 同じところを飛んでいても、
 ベランダうちのベランダには植物はないから、
 疲れるだけだよ。

 網戸に止まるなら写真撮らせるか、
 スケッチさせてくれよ。
 君が無防備にさらしてるお腹は、
 かなり興味深いんだ。
 昆虫を嫌う女の人は多いけど、
 あたしは好きだな。
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-10 16:58 | 景色

空白

 本のタイトルはもう覚えていないのだけど、
 論理的思考についての本だったはず。
 昔、課題として無理やり読まされた。
 「日本語は論理的な説明にはそもそも向いていない」
 というような事が、その本の中に書かれていた気がするんだけど、
 別の本だったかもしれない。
 後になって、自分が英語を使うようになってから、
 その言葉の意味を実感した。
 英語で文を書いていると強制的にロジカルな思考になってるんだ。
 その点で、
 日本語で考えている間にまとめられなかった考えを、
 英語だと案外すんなりまとまって、
 脳内会議の整理に大活躍する時がある。

 日本語が時間軸について曖昧なのは、
 英語を習った事があれば思い知らされる事実だと思う。
 そして、
 その「差」のせいで多分かなりの人が英語を分からないと言う羽目になる。

 日本語は空白を好む言語だ。(日本文化と言った方が正しいかもだけど)
 日本語の美しさはその空白にあると思う。

 もちろん英語にも比喩や空白は存在するけれど、
 日本語のそれとは少し違う。
 そもそも直接的な表現を好む英語は、
 文章が無駄に長くなる事を防ぐための省略が多い。
 けれど日本語で見られる文章の省略は時間や、
 「共通なはず」という無意識な経験的認識に依存的な気がする。
 私はそれが好きだなぁと思う。
 それと同時に、
 日本語と英語は交わる事のできない空白を持っていると思う。
 例えば日本語⇔英語の訳の中で、
 その空白をどう埋めるかは、
 その人のセンス次第としか言えない気がする。

 英語を、他言語を理解したいのなら大事な事がある。

 日本語を媒介にしていたら理解できるものも理解できない。
 って事を知ること。
 もっと言ってしまえば、
 英語を理解したかったら英語で勉強するしかない。
 フランス語ならフランス語で、
 イタリア語ならイタリア語で、
 スペイン語なら・・・
 ただ、普段音楽や映画なんかで耳にする事の多い英語はともかく、
 他の言語は直接と言うわけに行かないと思う。
 その場合、
 日本人は英語から他言語に移行するのが手っ取り早いと思う。
 上に書いたラテン系3語なら、
 スペイン語→フランス語→イタリア語の順で英語から入りやすい。
 文法的にはイタリア語が一番難しいらしい。
 でも、発音がアクセントを気にしなければほぼローマ字読みだから、
 日本人はイタリア語が耳からなら楽に覚えられるって話。
 後は好き嫌いとかの問題だろう。

 
 
 
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-10 16:48 | 言語