Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー

2008年 07月 05日 ( 4 )

ルームランナーみたいな

 似た者同士はなんとなくお互いの存在に気づいたり、
 惹かれあったり、
 同じ言葉も特別に響いたり、
 忘れられなかったり、
 説明なんか要らなかったり、

 することって結構あると思うんです。

 見た目の形より、
 心の形が見える方がきっとね、
 ちょっと幸せだと思うんです。 
 そしてちょっと悲しいとも思う。

 まぁ、人の心に対して敏感か鈍感かってのは、
 育ってきた環境とか、
 生まれ持った素質とか大きく左右する要因だと思うけど、
 誰かを知りたいと希求したときに、
 気づくんじゃないかな、
 それまでは見えなかった人の心にも。

 知ろうとしないと結局何もかもを素通りする。
 けれど知るために時間を割く余裕をむしりとられてる。
 ルームランナーに乗ってるんですきっと。
 あれって動いてる最中に自分から降りるの勇気いる。
 人生とは違うと思う。
 でも社会とはそっくりに映る。
 誰も、
 「ちょっと休憩しなよ、いくらなんでも頑張って走り過ぎだって」
 って言ってくれないのが、
 ジムと社会の違いかな。
 
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-05 18:56 |

粘土買いました

 え~、絵の具と筆とキャンバスを買いに行って、
 粘土を買ってきました。
 もちろんその他の物もちゃんと買ったんですけど、

 モデリング剤の代わりになるか試そうと思って、
 キャンバスから剥離してしまわないように、
 ちょっと手を加える必要があるのか、
 それともそのまま塗りつけていけるのか、
 とりあえず実験しようと思います。

 私、授業で陶芸をやってたことがあって、
 粘土いじるの好きなんです。
 モデリング剤よりも、感覚的には相性がいいんじゃないかと、
 I 053.gif 実験www
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-05 18:27 | art
 映画は家で見ることのが圧倒的に多いですが、
 出来ればスカイ・クロラは映画館で見たいです。

 予告見ただけでテーマが重いなぁと思うけど、
 今の日本にはとても合っているかとも思います。
 「生きる」ことの意味を問う映画は必要。
 押井監督の作品って、
 激しい内容でも視点が淡々としている感じがして、
 その淡々とした感じがアニメーションなのに妙に現実的で、
 好きなんですよね。
 でも一昨日だっけな?
 いいともに出てるのたまたま研究室で見て、
 「この人大丈夫だろうか??」
 と、なんだか消え入りそうな声でぼそ②喋る監督見て不安になりましたw
 きっと、
 生々しような部分は全部作品の中につぎ込んでしまうんでしょうね。

 原作読んだことないですけど、
 読むなら映画を見てからにしたいです。
 
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-05 10:34 | 映画

cosmos ⇒英語の課題

 そろそろマジで課題の提出をしないと単位を落としてしまうので、

 本は読みました。
 普通におもしろくて、抜粋再編版じゃなくて原本が欲しいと思いました。
 でも、それと課題(和訳しろ)は別問題で、
 なっかなか進まずに困っています。
 美しく書かれた文章ほど訳すのに困る。
 元の意味を損ねることなくできる限り意訳して、
 自分が「いいなぁこの本」って感じたその「感覚」を残したい。
 プロでもなく、ただの課題なのにそんなことにこだわるからダメなのか?
 本当に、英語の勉強と言うより、日本語表現の勉強してる気がします。
 常々思っているように、
 辞書は当てにならない事が多すぎる。
 最初に日本語を当てはめた人達は、
 文化背景を理解する事をおろそかにしたのか、
 それとも日本語力が足りなかったのかどっちでしょう?
 というか、
 時代の移り変わりに合わせて言葉には枝が増えていくものだと思うので、
 辞書もその辺りで臨機応変にアップデートされるべきかと、

 ちなみにこのcosmos は絶版だとか聞きました。
 手元にあるのは英語の先生からの借り物です。
 興味のある人は、
 頑張って古本屋さんで探すか書店に問い合わせてみてくださいな。

 まぁ、
 とりあえず起きたばかりなので、
 顔洗って着替えたら訳を再開します。
 今日こそ昼過ぎには出かけるので。
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-05 10:02 | 読書