Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2005年 12月 01日 ( 1 )

Life as a House

 「海辺の家」という映画の原題が、今日のタイトルなんですが、
 最近テレビでやっているのを見て、前にも見たことのある映画だったけど、
 ボロボロに泣いてしまいました。
 すごくすごく好きな映画なんです。
 泣きすぎて次の日目が痛くなってしまうけど、心はその分暖かく満たされる。
 内容はここには書きません。
 私の言葉での説明を読むより、実際に近所のビデオ屋さんに行って借りてきて、
 一人で暗い部屋で静かに見るのもいいし、
 家族で集まって見るのもいい、
 恋人と手を繋ぎながら見てもいい。
 不甲斐ない自分に失望したり、
 誰かを愛しているのか、
 誰かに愛されているのか不安になったとき、
 どうせ何も変わらないと諦めたくなったとき、
 それでも、
 心の奥底にもがいている自分がいるなら、
 「海辺の家」を見てください。

 この映画には、スターウォーズ エピⅡ・Ⅲでアナキンをやっている
 ヘイデン・クリステンセンが主人公の息子役で出ているのですが、
 彼が、彼の演技がとにかく美しいんです。
 ため息が出るくらいに、
 映画の中の季節は夏ですが、
 過ぎた夏を想いながら、
 寒い冬に、
 温めた部屋で見るのには、恋愛映画なんかよりずっと、
 ぴったりの内容だと思います。
 
 
[PR]
by noctiluca13 | 2005-12-01 19:11 | 景色