Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Luve Hurts (Incubus)を聞きながら

 痛みを伴わない愛なんてないよなぁって思う。

 世界に独りぼっちな自分を、
 いつの間にか気付いてしまった生きる事の虚しさを、
 温かさに変えてくれる唯一の存在。
 知っていなかったら、
 出会っていなかったら、
 私はきっと今ここにいない。
 時間が流れていくほどに私から私が磨り減っていく。
 思い出が時々耐え難いほどに痛むけど、
 私は心配ばかりかけてしまっているけれど、
 エゴだって知っているけれど、
 ごめんね。
 どうか君を好きでいることを許して。
 私はもう私を他の方法で証明できない。
 この世界に私は必要ない。
 私にこの世界は必要ない。
 ただ君を恋しく想う胸の痛みが、
 愛しくて抱き締めるその瞬間が、
 僅かな記憶が、
 私を私でいさせてくれる。
 もっと上手に守れたらいいのにって、
 いつだって歯痒いよ。
 君を抱き締めたくて伸ばした腕が宙を掻く度、
 こんな邪魔な体なんかなければよかったのにと思う。
 心はいつだって君だけの元に在るのに、
 どうして、
 体触れ合えないことがこんなにも苦しいんだろう?
 君の幸せだけを願ってる。
 君が君でいられることを祈ってる。
 いつか君が君に迷ったら、
 私が証明しに行くよ。
 きっとこの世界は、
 沢山の期待と裏切りを君に押し付けるだろう。
 今までもこれからも、
 君は絡み付いていく糸に自由を少しずつ奪われていくだろう。
 いつの間にか君を閉じ込めていた籠は、
 君が君でいることをよりいっそう拒むだろう。
 もしもいつか、
 君がその全てに耐えられなくなった時は、
 君をこの世界から奪いに行くよ。
 その痛みを全部引き受けるために。
 私は君を想うから、
 君はどうか失われないで。
[PR]
by noctiluca13 | 2008-10-04 14:48 | 恋愛