Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Luiの写真を見ていると

 男に生まれたかったなぁとつくづく思う。

 基本的に「観賞」ならば中性的な見た目の男の人に惹かれる私は、
 いわゆるマッチョ系はあまり好きではないし、
 若い男でたるんだ体はそもそも論外だと思っている。
 どうせ筋肉が付いているなら細く引き締まったのがいい。

 Lui は筋肉質じゃないけれど、
 贅肉はなくかといって貧相な感じでもなくて、
 とにかく綺麗。
 全身手入れにすげー気を使ってるんだってのがよく分かる。
 正直彼がゲイなのかバイなのか判然としないけど、
 ストレートとは思えないんだよね。
 ある意味それじゃもったいないっていうか・・・、

 顔もすごく綺麗だし、
 下手な女じゃ太刀打ちできない感じ。
 エキセントリックな格好も違和感なく決まるのは本当にすごいし、
 いつか直接会ってみたいと思う人の一人。

 自分が女に生まれてよかったって唯一思うのは、
 好きになった相手がストレートの男だったこと。
 それ以外の点では女に生まれた利点が見出せない。
 ファッションもメイクも髪型も男女の壁なんて好みで消える。
 けれど男に女は体力面で勝てないし、
 そういう生物的な不利が社会の中でも付きまとうなら、
 綺麗な男に生まれた方がよっぽど楽しみが多いと思う。
 多分それは私が「女性らしい女性」とかの美を愛せないからだろうな、
 ヴィーナス像の体系は「理想」とか言われても、
 その「美しさ」がいまいち理解できない。
 アレが完璧とはどうしても思えない。
 男と女の境目くらいの危うさがある造詣が、
 それこそLuiみたいな見た目の人が、
 私にとっては理想。
 なんか自由っぽくていい。
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-09-21 23:27 | art