Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フェルメール展には

 やっぱり「真珠の耳飾の少女」は出てないんだなぁ↓

 フェルメール展やるってのを知ってから、
 アレが追加されるかどうかがすごく気になって、
 ずぅっと「もしかしたら」って期待を捨てきれずにいたけど、
 結局出展されなかった。

 まぁ、仕方ないよね。
 7点も集まっただけすごいよ。

 だけどまぁ、
 行かないなぁ私は。

 画家が好きなのか、
 ある画家のある作品が好きなのか、
 それは大きな違いだと思う。
 高名な画家の作品だろうと、
 その全てが等しく素晴しいとは私は思わないし、
 ものすごく魅了される作品とそうじゃないのとは別れる。

 絵だけじゃなく、
 音楽も、本も、服も、映画も、建物も、陶芸品も、
 人の作品に関してはそういうものだと思う。
 だから私にはブランド至上主義みたいな人は理解できない。
 もちろん全体通してクオリティーが高いとか、
 自分のライフスタイルに合ってるとか、
 そういう時もあるけれど、
 一つの作者の作品が100あったら100全部が完璧にハマるとは、
 私は思えないんだよね。
 100ハマっちゃうとしたら、
 自分の価値基準が劣化してるんじゃないかな。

 画家の中ではディマシオが一番好きだし、
 小さい頃に出会ったからすごく影響を受けたけれど、
 でも彼の作品にしたって全部に等しく魅了されるわけじゃない。
 数ある作品群の中で、
 きっと私が息を飲んで見つめ、
 恋に落ちるのは数点。
 まぁ、あまりに作品の数が多くて全部なんて見れるわけないんだけど・・・、 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-08-03 17:38 | art