Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

おばあちゃんに

 「人を描くのが好きなのねあんた」
 って言われた。

 好き嫌いで分けたら、
 私は本当は花とか虫とか動物を好きだと自分では思ってる。
 特に花には魅せられる。
 でも花を見る時、
 描きたいと思うのは実際の姿形というよりは、
 放っている芳香の方で、
 花をスケッチしている間は集中しすぎて、
 ふと気付くと目の前の花に話しかけていて、
 冷静に考えると危ない人臭いので、
 正直人には見られたくない・・・w

 紙と鉛筆、
 支持体と筆と絵の具を媒介に、
 花や虫と何かを共有できる気がする。
 それは、
 ただその場に、
 同時点に「在る」って事実そのものかもしれないし、
 とても説明しがたいけど、
 でも近くなれる気がするんだ。
 その感覚は顕微鏡で培養して染色した微生物や、
 植物細胞の断片を観察する時のそれとは違って、
 もっと、
 同化してく感じで、
 単純に心地よくて、
 気付くと話しかけてるww

 おばあちゃんが「好きだねぇ」と言ったのは、
 人物画を頻繁に描いているから、

 人物画とは言っても特定の誰かを描く事はほとんどしない。
 気に入った雑誌の写真を元にすることはたまにあるけど、
 目の前の誰かを描く事はしない。
 絵にする対象として、
 実在の人間に、
 私は花より興味がないんだと思う。

 人を描こうと持ったら、
 誰かを描こうと思ったら、
 一枚の絵なら具象的なものは描けない。
 抽象的な、
 形も掴めない様な絵になる。

 欲を言えば、
 描きたい人が一人だけいる。
 叶うならその人の絵だけを何枚も描き続けたい。
 細かく変化する感情を追いかけて、
 究極的には、
 その人以外の誰かを具体的なモデルとして、
 目の前にして描いたりしたくない。
 その人以上に興味を抱いている相手が存在しないから、
 花を前にした時のような「没頭」は出来ないとわかっているから、

 だから私は人物画に関しては脳内のイメージばかりを描いてる。
 特定の誰かじゃなく、
 あくまで「感情」の表現手段として、
 「表情」を使う。
 「人を描くのが好き」なんじゃない。
 「感情を描き止めるのが好き」なんだよ。
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-30 18:45 | art