Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

空白

 本のタイトルはもう覚えていないのだけど、
 論理的思考についての本だったはず。
 昔、課題として無理やり読まされた。
 「日本語は論理的な説明にはそもそも向いていない」
 というような事が、その本の中に書かれていた気がするんだけど、
 別の本だったかもしれない。
 後になって、自分が英語を使うようになってから、
 その言葉の意味を実感した。
 英語で文を書いていると強制的にロジカルな思考になってるんだ。
 その点で、
 日本語で考えている間にまとめられなかった考えを、
 英語だと案外すんなりまとまって、
 脳内会議の整理に大活躍する時がある。

 日本語が時間軸について曖昧なのは、
 英語を習った事があれば思い知らされる事実だと思う。
 そして、
 その「差」のせいで多分かなりの人が英語を分からないと言う羽目になる。

 日本語は空白を好む言語だ。(日本文化と言った方が正しいかもだけど)
 日本語の美しさはその空白にあると思う。

 もちろん英語にも比喩や空白は存在するけれど、
 日本語のそれとは少し違う。
 そもそも直接的な表現を好む英語は、
 文章が無駄に長くなる事を防ぐための省略が多い。
 けれど日本語で見られる文章の省略は時間や、
 「共通なはず」という無意識な経験的認識に依存的な気がする。
 私はそれが好きだなぁと思う。
 それと同時に、
 日本語と英語は交わる事のできない空白を持っていると思う。
 例えば日本語⇔英語の訳の中で、
 その空白をどう埋めるかは、
 その人のセンス次第としか言えない気がする。

 英語を、他言語を理解したいのなら大事な事がある。

 日本語を媒介にしていたら理解できるものも理解できない。
 って事を知ること。
 もっと言ってしまえば、
 英語を理解したかったら英語で勉強するしかない。
 フランス語ならフランス語で、
 イタリア語ならイタリア語で、
 スペイン語なら・・・
 ただ、普段音楽や映画なんかで耳にする事の多い英語はともかく、
 他の言語は直接と言うわけに行かないと思う。
 その場合、
 日本人は英語から他言語に移行するのが手っ取り早いと思う。
 上に書いたラテン系3語なら、
 スペイン語→フランス語→イタリア語の順で英語から入りやすい。
 文法的にはイタリア語が一番難しいらしい。
 でも、発音がアクセントを気にしなければほぼローマ字読みだから、
 日本人はイタリア語が耳からなら楽に覚えられるって話。
 後は好き嫌いとかの問題だろう。

 
 
 
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-10 16:48 | 言語