Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ルームランナーみたいな

 似た者同士はなんとなくお互いの存在に気づいたり、
 惹かれあったり、
 同じ言葉も特別に響いたり、
 忘れられなかったり、
 説明なんか要らなかったり、

 することって結構あると思うんです。

 見た目の形より、
 心の形が見える方がきっとね、
 ちょっと幸せだと思うんです。 
 そしてちょっと悲しいとも思う。

 まぁ、人の心に対して敏感か鈍感かってのは、
 育ってきた環境とか、
 生まれ持った素質とか大きく左右する要因だと思うけど、
 誰かを知りたいと希求したときに、
 気づくんじゃないかな、
 それまでは見えなかった人の心にも。

 知ろうとしないと結局何もかもを素通りする。
 けれど知るために時間を割く余裕をむしりとられてる。
 ルームランナーに乗ってるんですきっと。
 あれって動いてる最中に自分から降りるの勇気いる。
 人生とは違うと思う。
 でも社会とはそっくりに映る。
 誰も、
 「ちょっと休憩しなよ、いくらなんでも頑張って走り過ぎだって」
 って言ってくれないのが、
 ジムと社会の違いかな。
 
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-07-05 18:56 |