Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Lui Antinous を知ってますか?

 日本でこのブランド(主にハンドバッグ)が手に入るかどうか、
 私はその辺りの事については全然知らないんですが、
 ブランド名=デザイナー名です。
 ご本人とても美しい男の人で、
 ニューヨーク拠点にパーティーのプロデュースなんかもやってたはず、
 バッグは価格が$1,000前後で他の有名ブランドと比較すると手軽。
 顧客の対象は30代以上かなぁ見た感じ、
 でも物によります。
 20代の子が持ってもエレガントな装いならばOK。
 カジュアルな服装にはちょっともったいない気がする。

 んで、なんでカテゴリーをart に入れたかと言うと、
 このLui氏は過去にモデルやメイクアップアーティストとしても活動していて、
 デザイナーと言うよりは幅広く芸術活動しているので、
 あとは美を追求する姿勢がね、

 元々、私がLui氏のことを知ったのはアメリカにいた時です。
 ある日女友達と暇つぶしにポ○ノショップめぐりをしてwww
 何件目かでたま②見つけた雑誌の表紙を飾っていたのが彼+2人の女で、
 もぉ一目惚れでしたね!!
 さすがにカバーかけてあって中が見れなかったので、
 購入して2人で車の中で広げて興奮したのを覚えてますw(変な意味じゃなく)
 とにかく怪いくらい美しいんです彼!!
 雑誌自体は記事を読むとポ○ノとは主旨が違うもので、
 写真もまっぱとかはないんです。
 どの写真も服とかで隠されてます。
 ただちょっと過激っちゃ過激なので普通の本屋には置かないんでしょう。
 アメリカってその辺妙にうっさいから、

 雑誌の中で、彼が演じているのはバイっぽいんですけど、
 実生活も多分そうなんじゃないでしょうか、
 もしくはゲイかな、
 はっきりとは分からないですけどね、
 とにかく言えるのは、
 なんにせよ綺麗な人だということと、
 本人が自分の美貌を熟知して磨き上げているということ、
 彼の作るバッグやアクセサリーもそうですけど、
 作品より何より、
 写真で見ても漂う雰囲気がとてもエレガントなんです。
 憧れますとても、
 それが男の人だと思うと悔しくもあります。

 日本のオネェ系でぱっと思いつくのはIKKOさんですけど、
 趣味じゃないんですよね・・・(すいません。)
 生き方とか、カッコいいなぁって思うところは沢山あるんですけど、
 メイクのテクとか学びたい事も沢山あるし、
 ただIKKOさんの服装がどうしても好きになれなくて、
 ご本人なりの美学なのは分かるんですけど、
 高級ブランドかどうかに捕らわれすぎてる気がして、
 もっとこぉ、似合うものを着た方が・・・ってテレビ見てると思うので、

 Lui氏の徹底してるところはやっぱりメイクも服もバッグもアクセも、
 自分で作ることでしょう。
 美容を本当に極めることに全力注いでる気がして、

 叶うならいつかなんとかして直接会ってみたいです。
 
 
  
 
[PR]
by noctiluca13 | 2008-06-20 01:17 | art