Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

安心して恋が出来るのは君がいるから。

 昨日、自分がすごく欝になってたことに気付きました。
 最近夜どうしても寝付けなかったのはそのせいだったのね。
 まだまだ完全復活には程遠い状態だけど、
 でも心が少し軽くなったの。
 恋をしたから、
 気持ちが少し前向きになった。

 大好きな男友達に今日、その話をした。
 最近はなかなか会えないから、しばらくぶりに少し長めのチャットをして、
 「呆れるかもしれないけど、でもあたしやっぱりXXXXが好き、もう一度最初から恋しなおすことにしたの、他の誰かを探したって彼じゃなきゃダメなの、あたしの唯一の夢なんだよ」
 そう伝えたら、
 「強くならなかったら辛いよ、でも頑張れ、夢じゃなく現実にしろ」
 って、真っ直ぐ応援してくれた。
 あたしの気持ちを、これまでの経緯からどう考えても馬鹿な決意だって分かっていても、否定しないでくれた。

 あたしは、恋愛とは違った感情で、この男友達をどんどん好きになっていく。
 まだ知り合って2年も経ってないのに、絶対的に信頼してる。
 どんどん「失えない人」になっていく。
 だから、友達なのに、あたしには独占欲がある。
 生きてる限り絶対恋はしないって言い切れる、本当に純粋に友達として好きで、
 大事な相手なのに、
 最近好きな子が出来た彼が、もしその子と付き合うことになっても、
 だからあたしは喜んであげられない。
 「どっちかっていうと、別れた時のがあたしは嬉しい。」
 って、人としてかなりどうかと思う発現に、奴は笑ってくれた。
 そういうのちゃんと
 「知ってる」
 って、
 それだけでもすごく嬉しかったのに、
 「お前をほったらかすことはないから安心しな」
 だなんて、
 そんな最高の言葉、嬉しすぎて涙が出たよ。

 人には絶対に、最悪にかっこ悪い自分を躊躇うことなく見せられる相手が必要だと思う。
 それが友達か恋人かはそれぞれ違うだろうけど、
 安心してかっこ悪い自分を許せる場所がなかったら、生きているのは時々すごく辛いと思う。
 すごく孤独になるとおもう。
 あたしは好きな人にはきっと一生自分が一番嫌いな自分は見せられないと思う。
 それはもしかしたら重大な欠点かもしれない。
 けれど、失望させてしまうことを恐れて、失うことを恐れて、どんなに愛し合っていても、むしろだからこそ、必死になって隠してしまうと思う。
 一番付き合いの長い親友にさえ、女同士だからこそ話すことが出来ないときがある。
 それは信頼とかの問題じゃなく、女としての意地が邪魔をしてしまうから。

 何故かいつだって奴はあたしが一番欲しい言葉をくれる。
 そうやって背中を押してくれる。
 いつだって精神的に寄りかかって依存してるのはあたしだけなのに、それでもあたしが分かって欲しい「あたし」を理解して、必要な時に支えてくれる。
 「それしか出来ないけど、話は聞くから」
 そう約束してくれる。
 だからあたしは、安心して馬鹿みたいに無謀な恋が出来る。
 この先またボロボロに、場合によっては今までの比じゃないくらいボロボロに傷つく時があるかもしれない。
 きっとまたあたしは沢山泣くだろうし、何度も眠れない夜を過ごすだろう。
 そう分かっていても、もう一度ゼロから気持ちを紡ごうと思えたのは、君がいるから。
 夢じゃなく現実に、今度は落としてしまわないように、両手で掴みにいくよ。 
[PR]
by noctiluca13 | 2007-12-08 02:46 | 恋愛