Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

彼の香水

 今朝イタリアから小包が届きました。
 私が友達に頼んで探してもらった、私の「大好きな人」が使っている香水がやっと届いたんです。
 今月の初めに彼に会えた時にブランドと名前を教えてもらって、日本では売ってないことを知ってから友達に頼んで20日くらい経って、やっとです。
 かすかに覚えていた香りの記憶は正しかったようで、やっぱり私好みな香りでした。
 GIVENCHYのウルトラマリンに少し似てるかな、でももっと軽く柔らかい感じで、くどくないのでつけていても邪魔にならないし、自然と馴染んで溶け込んでくるような爽やかさがあります。
 彼らしい香りの香水だなぁって、なんだか嬉しくなりました。

 箱を開けて手首につけてみて幸せに浸りながら一日、今はイタリアにいる彼の人に想いを馳せていました。
 同じ香水を使っている人はこの世に五万といることくらい分かっていても、「彼」が使っていると知って持っている人はそんなにはいないでしょう。そう思うと余計に特別な気がして、ちょっと優越感覚えてしまいます(^^)
 9月までは会えないと分かっているからこそ、せめて彼の使っている香水の香りだけでも傍に置いておきたくて、私のためにお店を何件も回って探してくれた友達には心から感謝しています。
 時間は着々と過ぎていっているのに、どうしていつも待ち遠しい時だけは近づいている気がしないんでしょう?過去の私からすればもう十分贅沢な今でさえ、欲張りになってしまった心には切ないばかりです。
 香りは過ごしたステキな時間を思い出させてくれます。
 最愛の人の傍にいたもっとも幸せな時の記憶を、目を閉じれば本当に鮮やかに瞼の裏に再現できる。
 
 
 
 
 
 
[PR]
by noctiluca13 | 2007-05-26 18:00 | 恋愛