Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私はただ

 ただいつも愛されることを願ってる。
 愛する人に出会えることを願ってる。

 秋の長雨は切なくさせるから、
 冷たくなっていく夜に、
 寄り添うことの出来る肌が欲しい。

 あの時見た月は満月だった。
 まるでそれ以上はないと言いたげに、
 赤く熟れた大きな月。
 それがあたし達の距離なら、
 後は欠けていくごとに遠ざかる。
 でも私は繋ぎとめよう。

 その夜の空に、
 輝いていたのは星達だけ、
 一際暗い新月の晩、
 始まりの夜。
 満ちていく月になぞらえて、
 貴方に近づけたなら、
 私はその為だけに生きよう。
[PR]
by noctiluca13 | 2006-10-02 23:37 | 恋愛