Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今この手に欲しいもの

PISTOL

 アメリカで過ごした留学生活の中で初めて一般家庭で拳銃を見たとき、こんな物がなければ暮らせない国に生まれなくて良かったと思った。
 自己防衛のために、引き金を引く必要性が理解できなかったから。

 でも一昨日のバイトの帰り、アパートのすぐそばの細道で変質者に襲われてから、付きまとう恐怖心を拭うために、あの時この右手に拳銃を持っていたら迷わず引き金を引いてあの男を殺していたのにと思う。
 何度頭の中で殺しても、現実にいなくなってはくれないのだから、
 変質者や暴漢に襲われたとき、覚える恐怖は「何をされたか」が問題なわけじゃない、そうじゃなくて、それまでの自分の生活とは全く結びつきのない他人がいきなり自分の欲望のままに危害を加えてくることで、日常が崩壊するのが問題なんだと思う。
 人は普段の生活の中で表に出すことはなくても頭の中で色々な事を考えて、色々な事を妄想している。他人の頭の中や心は見えないからこそ安心して人間関係を築ける。
 女の子が短いスカートを穿いていれば男は露出している足を見るだろう、胸元の開いた服を着ていればそこに視線が行くだろう、そのとき頭の中で彼らが自分勝手に想像しているものを、普通の神経なら女の子は知りたくないだろう。
 外に出さないこそ許される欲望は汚泥のようだ。
 意識されることのなかったはずのそれらの現実が何の前触れもなく溢れ出してきたら、気が狂いそうになるよ、

 そして思う、 
 私が狂う前に、
 引き金を引かなくちゃ。
[PR]
by noctiluca13 | 2006-04-28 22:29 | 景色