Valeが大好き☆な私の日常ですw


by noctiluca13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

One more Thing I needed

 昨日、正確にはおとといからちょっと落ち込んでました。
 なんか色々で、

 でも、もう元気です(^_^)
 昨日バイトの帰りに友達から「帰ってきたよ」ってメールが来て、
 学会でハワイに行ってたんだけど、
 すぐに知らせてくれたのが嬉しくて速攻電話して「お帰り」を言いました。
 それで、ついでに相談もして、
 就職試験のこと、
 学校の先生に話したら反対されてしまって、
 そんなことで決意が変わるとかはまったくなかったんだけど、
 でもなんか水を差された感じがあって、
 言ってることがある意味で正しいのはちゃんとわかっていたし、
 あたしの直情的な行動は時には自分の首を絞めるだけだってことも知っていたから、
 先生の考えの方がきっと世間一般ってやつなんだと思って、
 でもね、
 ちょっとショックだったのは、
 あまりにも予想通りの意見を言われてしまって、
 なんだかあたしの決意がとても軽く見られているなぁって、
 そのことが痛かった。
 あたしは、
 たしかに時々突拍子もないようなことをしたりもします。
 人と群るのを嫌ってるので、
 いざとなったら一人で何でもするし、
 どこへでも行くし、
 自分で正しいと思ったことなら貫き通します。
 そういう性格だから、
 あたしを良く知らない人が行動だけ見てあたしを判断しようとするなら、
 きっとあたしは好き勝手やるばかりのガキに見えるでしょう。
 でも実際そんなことないんだよね、

 あたしは自分にかなりの自信を持っています。
 それは、見た目とかそういうことじゃなく、
 自分が信じた自分の可能性はちゃんと使いこなせるという意味で、
 一度決めて動き出してしまえばそこに不安が入り込む余地なんかないんです。
 でもだからこそ行動に移る前には頭の中で色々な結果を予測して打てる安全策は打つようにしてるんです。
 人から無茶に見えても、
 あたしにとっては計算の範囲内に収まるように、
 何か予想外の事態が起こっても軌道修正が容易なように、
 人一倍考えてるんですよ、
 そうは見えなかったとしてもね、
 あたしにはこれでも守りたいものや人が沢山あるし沢山いるんです。
 だから報いなきゃいけないんですよ、
 なるべくなら最高の形で、

 信じることを諦めて、
 走ることを辞めてしまったら、
 そこで人の成長は止まってしまうんだと思います。
 頂上を目指して登っていた山の途中で根を下ろしてしまったら、
 待っているかも知れない絶景を見損ねてしまうじゃないですか、
 息切れしたって、
 時々は止まって膝を休めながらだって、
 登ること自体を辞めてはいけないんです。
 やがては枯れるんだとしても、
 だったら天辺で枯れたいじゃないですか、
 そう思うことをくだらないと言う人に、
 あたしは興味ないです。
 だって諦めた人だって思うから。

 あたしは上に行きたい。
 この声が届くように、

 あぁ取りとめのない文章ですみません↓

 嬉しかったんです。
 自分の信じた人が、
 大事な友達が、
 「やりたいと思ったことはその時にやらなきゃ意味がない」
 ってあたしの背中を押す一言をくれたこと、
 彼が、
 ちゃんと上を見ている人だって再確認できて、
 

 
[PR]
by noctiluca13 | 2005-12-22 16:01 | 景色